瀬戸 彰

Drummer

Q.音楽を始めたきっかけ
A.小学2年の時に学校行事で6年生のバンド演奏を見たのがきっかけです。
完全にドラムに目が釘付けとなってしまいました。
衝撃的な出会いでした。あの時の興奮は今でも鮮明に覚えています。

Q.経歴について
A.小学2年の時のドラムとの衝撃的な出会いから新聞配達で毎月3千円をコツコツと貯めて中学2年の時にようやく念願のドラムセットを手に入れることができました。
高校に入りヘヴィメタルやパンクなどのコピーバンドを組み、大学に行ってもロックやポップスなどを中心に音楽活動を続けてきました。
大学4年の時、JAZZドラマーの猪俣猛さんのドラム道場というドラムスクールに入門したことがきっかけでシャープ&フラッツのドラマーでもある稲垣貴庸氏に出会いそこでドラムの技術や考え方、音楽に対する姿勢などの多くを学び徐々にジャズという世界にのめり込んでいきました。
30代半ばまで東京で活動し30代後半より生まれ育った静岡県富士宮市に戻り現在に至ります。

Q.あなたにとってJazzとは
A.広大で楽しい夢の遊び場所

Q.みなさまへメッセージ
A.来て良かった~って言って頂けるようこれからも日々精進いたします‼️
会場でお会いしましょう‼️

瀬戸 彰