久保田 隆

Pianist/LIFE TIMEオーナー

-音楽を始めたきっかけを教えてください。
音楽を始めたきっかけは、無理矢理やらされたんですけど。
褒められると、すぐ木に登るので(笑)
やっぱり、中学校の時、すみやでピアノ弾いた時に、お!すげえって友達に言われたのが効いてますねぇ(笑) (その友達は卓球部の友達だったらしい)


-来歴を教えてください。
幼稚園から小学校3年までクラッシックピアノを嫌々習わされ、中学校2年の時に、学校の帰りに友達と、すみやへ行って置いてあるピアノを弾いたら、おまえすげぇって言われて、あ、これは卓球よりもピアノの方がいいなと思い直す。(卓球部だったらしい)

中学校3年の時に、一番上の兄貴が大学へ行っていて、クリフォード・ブラウンのソロをレコードでコピーしていた横でピアノで同じく弾いたら、お前耳いいなって言われ、何かやれって言われて。分かった!それじゃあ、高校生になったらブラスバンドへ行って、トランペット吹きになるって言って、立教高校に入ったら、ブラスバンドはあるんだけど、なんと、ドラムとアルトサックスのチンドン屋みたいなブラスバンドで。
ここには入れないと思って入ったのが音楽部だった。そこで、キーボードしかやるものがなくて、ロックのキーボードで。プロコル・ハルムの青い影なんかを弾いてました。

高校2年の時に、フルートの谷(Nori谷)って奴と、ギターの秋山一将と出会って、奴らがJAZZをやっていて、一緒にJAZZをやろうって事になって、そこでバンドを結成しました。
大学に入ってからは、JAZZ研(軽音楽部)に所属。ここでJAZZを4年間やりました。
大学を卒業して、大学卒業前から、夜の街に出入りをして、ピアニストとしても、色々仕事をしていたものですから、就職をしないで、ピアニストとして、新宿、池袋、大塚などで仕事をしました。
その間に、一度しばたはつみさんていう歌手のバックバンドに入った事もあります。

約、2年ほどそんな生活をしていたところ、一番上の兄貴が、ホテル業を始めるから、おまえホテルの勉強をしてこいって言われて、元々が、観光学科にいましたので、それじゃあしょうがないって事で、成田プリンスホテルに就職をして。それからホテル業の方を一生懸命真面目にやりました。

28歳の時に、浮月楼に帰って来て、一応仕事をしながら、清水のクワイトハウスとか、そういったところでライブ活動は続けておりました。
その後、ライフタイムの前身である、古いほうのライフタイムを作るまでは、月に2~3回のプレイヤーとしてピアノを弾いておりましたが、今のライフタイムを作ってからは、レギュラーでピアノを弾いています。
最近は、秋山一将とか谷とか古くからの友達とは、ここへ来て、またしょっちゅう演奏する様になりました。

以上!


-あなたにとってJAZZとは?
かっこつけていうと「 LIFETIME 」人生ですねぇ(笑)


-みなさまへメッセージをお願いします。
長年やっていて、JAZZほど飽きない音楽はないなぁと思っています。
あの、ちょっとうっとおしいなって思うことも何回もあるんですけど、でも、やっぱりJAZZって本当に凄くいい音楽なので、、ぜひ聴いて頂ければと思いますし。
それから、静岡のJAZZ全体のレベルも、ものすごく上がっていると思います。
皆さんに恥ずかしくない演奏をやっていると思いますから、ぜひ、皆さん聴きに来てください!
それから、東京のミュージシャンも沢山呼んでます。
本当に素晴らしい全世界からの素晴らしいミュージシャンも来ますので、ぜひお聴き逃しすることのなくチェックしてみて下さい。



※久保田の言葉そのままで掲載しています。

久保田 隆