top of page

6月のおすすめライブ情報★6/4 Elchin Shirinov Solo Live

6月4日(火) 

Elchin Shirinov(p)


アヴィシャイ・コーエン(b)トリオで活躍。ニューヨークのブルーノートやベルリン・フィルハーモニーなど世界各地に出演。

アゼルバイジャン出身のピアニスト、Elchin Shirinov (エリチン・シリノフ)ソロライブです!


翌日6/5(水)は【Eichin Shirinov Trio】での演奏もお楽しみ頂けるという、何とも贅沢な二夜です!6/4・6/5の両日のライブを聴きたい!という方に朗報!前売のみ2日間のライブを¥7,000でお楽しみいただけます!このチャンスをお見逃しなく!

 

6月4日(火) 【Elchin Shirinov(p) Solo Live】


OPEN  19:00  ~ / START 19:30   ~

【ALL SHOW】飲食別途/料金:前売¥4,000 当日¥4,500

※6/4・6/5両日ご予約の場合:¥7,000(前売のみ)

ミュージックチャージチケット利用可、NIGHTSUPPORT MEMBER特典割引・学割(スペシャルライブ)適応


Elchin Shirinov(p)

 

Elchin Shirinov (エリチン・シリノフ):ピアノ


初めは独学でピアノを学び後に正式なレッスンを受ける。2008年以降はバクーのジャズセンターでピアニストとして働き、自身「エルチン・シリノフ・トリオ」で世界中をツアーしている。2013年にはグジェゴシュ・カルナス、ミハウ・ヤロス、セバスティアン・フランキェヴィッツと共演し、モントルー・ジャズ・フェスティバルでは歌手セブダ・アレクペルザーデと共演した。

また、サックス奏者のレイン・スルタノフとともに各地にツアーを行う他、数年間ヴォイシンガーズ・フェスティバルで歌手の伴奏者として働く。

ジョン・スコット、ベン・ストリート、ジェフ・バラード、ピーター・ニルソン、グゼゴルツ・カルナスなどのミュージシャンとともに他の国際的なジャズ・フェスティバルにも出演している。

2017 年、ハンガリーのミュージシャンとともに民族音楽の影響を強く受けたアルバム『Maiden Tower』をレコーディングする。2018 年から2022 年10 月までは、ジャズ・ベース奏者アヴィシャイ・コーエンのトリオのメンバーであり、その間、トリオの一員として3 枚のアルバムをレコーディングし、ブルーノート・ニューヨーク、ロニー・スコット・ジャズクラブ、ブルーノート東京ジャズクラブ、東京ジャズフェスティバル、ジャ

ズ・ア・ヴィエンヌ、ジャズ・イン・マルシアック、エルプフィルハーモニー・ハンブルク、ベルリン・フィルハーモニー・コンサートホール、パリ・ジャズ・フェスティバルなど世界各地の会場やフェスティバルに出演した。また、2017 年には自身のアルバム『Maiden Tower』、2018 年には『Waiting』をレコーディングし、ソロアーティストとして、ロンドン、パリ、ベルリン、ブダペスト、クラクフ、ミラノ、ウィーンでツアーを行っている。

ジェフ・バラードは彼の演奏を「情熱的。思慮深い。常に注意深く演奏するエルチン・シリノフは、私たちが発見し、楽しむことができる音楽家です。彼のオリジナル作品は聞いていて刺激的です。」と評している。


♪エルチン・シリノフオリジナル作品より

♬ハンガリーのミュージシャンとともに民族音楽の影響を強く受けたアルバム『Maiden Tower』(2017)👇


♬ムガーム(アゼルバイジャンの伝統的な音楽)ジャズの真髄に迫る2018年の自主制作盤『Waiting』👇


閲覧数:16回0件のコメント

Comments


bottom of page