top of page

7月のおすすめライブ情報★7/7 Shiho × chihiRo with 畑野圭慧

7月7日(日)

Shiho(vo) chihiRo(vo) 畑野圭慧(p) 


日本のジャズシーンを象徴する、今もっとも注目される3人の女性ミュージシャンが再びライフタイムに登場!類いまれな歌唱力で「Fried Pride」解散後もソロ・ジャズヴォーカリストとしてジャンルを超え縦横無尽に活躍するShiho。そしてオリジナリティ溢れる楽曲と愛に満ちあふれた歌でファンを魅了する「ジルデコ」のchihiRo。魂の宿るようなあたたかく叙情的な音色で聴く人の心にダイレクトに訴えかける演奏で評価の高いピアニスト、畑野圭慧。この才能あふれる3人によるスペシャルなステージは見逃せません!

 

7月7日(日)

OPEN 18:00~ / START 19:00~


【ALL SHOW】飲食別途/料金:前売¥5,500 当日¥6,000

ミュージックチャージチケット利用可、NIGHTSUPPORT MEMBER特典割引・学割(スペシャルライブ)適応


Shiho(vo) chihiRo(vo) 畑野圭慧(p) 


 

Shiho / vocal  


2001年に日本人として初の米国コンコードレーベルよりFried PrideのボーカリストとしてCDデビュー。 類いまれな歌唱力を武器に2016年12月のFried Pride活動終了まで、ブルーノートやビルボードライブを中心に全国各地のジャズライブハウスや東京Jazz、福岡中州Jazzなど多くのジャズイベントに出演。 海外でもジャズの本場である米国ブルーノート・ニューヨーク公演や、世界最大のJazz Fessであるジャカルタの「International Java Jazz fess」をはじめライブハウスやイベントに多数出演し、一躍国内トップジャズボーカリストの仲間入りを果たした。 Fried Prideの活動を通じ、頭突きで瓦を割る女性(武田梨奈)で話題になったセゾンカードのCMソング、2016年秋にはルクセンブルクにてオーケストラとの共演、TV音楽番組ナビゲーター(BSフジ)、ミュージカル「RENT」など舞台にも出演しその才能を多彩に発揮するなど、「ボーカリストShiho」としての知名度を上げた。 解散後はソロ・ジャズボーカリストとしてライブ活動中心に現在も国内外で積極的に行っている中、新たなチャレンジとして武田真治(Sax)、TJO(DJ)とEDMユニットでも活動し「ULTRAJAPAN 2017」出演、その後も武田真治とのコンビで和田アキ子50周年記念として日本武道館で開催した「ワダフェス」にも出演した。 2017年11月アンリ・ルクセンブルク大公国大公殿下(国家元首)訪日時にて安倍元首相主催の晩餐会にルクセンブルクで活躍する日本人として招待を受け出席した。 2019年6月5日、中洲ジャズナイト公式ソング「Happy Song」も収録された初のソロアルバム「A Vocalist」をキングレコードよりリリース。昨年2021年にはメジャーデビュー20周年を迎え、配信シングル「Music & Life」「Happy Song feat. HAMOJIN」をリリース。また、同年より放送開始したk-mixのラジオ番組「City of Jazz」のMCも務めており、幅広く活動している。



👇Shihoさん2022年発売のアルバムを視聴できます!!

 

chihiRo / vocal   


Birth Place: 神奈川県

Blood Type: O型

Character: 趣味は睡眠。旅館の女将的才能を持つ。ラーメン好き。

高校入学と同時にボイストレーニングに通い始め、高校3年で裏磐ジャスコンサート出演。その後ロック、ポップスに陶酔し、2000年自作オリジナル曲で渋谷Egg-manに400人収容するワンマンライブを開催し、また同年夏にも同規模のワンマンライブを成功させる。その後、自作曲「とかげ」が女優 山口紗弥加のDVDの挿入歌に起用されるなど、活動の場を広げて行く。同年冬、早稲田大学ハイソサエティーオーケストラとの共演をきっかけに様々な舞台で再度ジャズやファンク、ソウルを歌い始める中、2002年ジャズのライブでtowadaと出会い、JiLL-Decoy association結成にいたる。


JiLL-Decoy association official site:http://www.jilldecoy.com/


👇chihiRoさんが歌うシティーポップ ♪【chihiRo-Decoy Sings City Pop】


 

畑野圭慧 / piano


モード感漂うエッジの効いたビジュアルとはギャップのある、​キャッチーなオリジナル曲、聴衆にダイレクトに訴えかける一音一音魂の宿るようなあたたかく叙情的な演奏、時にはテンションが高ぶり思わず立ち弾きしてしまうような躍動感あふれる演奏など感情豊かな演奏には定評がある。

2022年5月、念願だった大編成(ピアノ・弦15本・ギター・パーカッション・アコーディオン)同時録音によるレコーディングを終え、ディスクユニオンモダンクラシックレーベル『1magine label』より19人編成で録音したアルバム”Sincere"をリリース。

これまで発表したオリジナル曲”Canvas” や”Yuyakezora”はNTT Docomo のCM、福岡タワーPV等のタイアップも。また、2018年にはサガテレビの番組コーナー 『維新伝心』(明治維新150周年記念 年間特別番組の音楽を手がける。オリジナル曲"錦秋"はテレビ『なんでも鑑定団』の番組内のVTR中の楽曲にも度々採用される。

 

2022年、23年とCOTTON CLUBに出演を果たし、2022年11月にはサントリーホールブルーローズにて音楽とカクテルのスペシャルコラボコンサートを開催、ソールドアウトにて好評を博す。自己プロデュースでの活動の他、​国内外の多方面のアーティストとのコラボレーションも積極的に行い、活動の場を拡げている。

主な共演ミュージシャン

ジェームス小野田・織田浩司(米米CLUB)、中西圭三、Shiho(ex. Fried Pride)、青木カレン、桑山哲也、石川セリ、chihiRo(Jill-Decoy association)、TOKU etc...



👇サントリーホールでの演奏よりLove Theme from Sunflower/映画 『ひまわり』テーマ曲



閲覧数:31回0件のコメント

Comments


bottom of page