top of page

2月中旬のおすすめライブ情報★2/19 たなかりか LIVE in Shizuoka

更新日:2 日前

2月19日(日)

たなかりかvo 鈴木正人b 小沼ようすけgt

ブロッサムは西からやってくる。歌姫、静岡に降臨。


広島県出身のジャズシンガーたなかりか

さんが静岡にご登場!


たなかりかさんは、ポニーキャニオンよりアルバム「Japanese Songbook “Winter” with Jazz Standards」を2022年11月にリリースしたばかり。


このアルバムは彼女が日本のポップスをジャズカバーするプロジェクト「ジャパニーズ・ソングブック」が10周年を迎えたことを記念して制作されました。


アルバムはCD2枚組で、DISC 1には「冬」をテーマに選曲された「恋人がサンタクロース」「氷の世界」「ネイティブダンサー」など7曲を収録。DISC 2には「ジャパニーズ・ソングブック」プロジェクトのプロデューサー・鈴木正人(LITTLE CREATURES)のアレンジによる「Fly me to the moon」「My favorite things」「L-O-V-E」など7曲が収録されています。


共演は、ベース鈴木正人さんとギター小沼ようすけさん。

スペシャルな共演をお楽しみに!!



 

※LIFETIMEでのチケット販売はありません。


【チケットに関するお問い合わせ】

(有)オーガニックスタイル  054-204-6161 http://organicstyle.jp/

(有)オーガニックスタイルチケットお申込フォーム

https://tayori.com/form/66d8b7f7c1371a9a7039fcf4a4be698849ca73f8/

e-plusより購入

https://eplus.jp/sf/detail/3792040001-P0030001


2月19日(日)

たなかりか LIVE in Shizuoka

OPEN 17:30~ / START 18:00~

【ALL SHOW】飲食別途/料金:前売¥5,000 当日¥5,500

 

たなかりか/ vocal https://tanakarika.net/


広島県出身。大学と共に関西に移り住み歌を始める。大学卒業後は商社で働きながら関西を中心にライブハウス・ホテルなどで活動を始める。 2001年「神戸ジャズボーカルクイーンコンテスト」準グランプリ獲得。その後、会社を退職しプロへ転向。 2004年ファーストアルバム「On Green Dolphin Street」をリリースし 全国ツアーを行う。その後は、関西を拠点に九州から北海道まで日本全国で活動中。 2009年7月ポニーキャニオンよりアルバム「Colors」でメジャーデビュー。 2011年2月メジャー第二弾「When She Flows」リリース。 2012年4月にはメジャー第三弾として全編日本語のJ-Popのジャズカバーアルバム「Japanese Songbook」をリリース。 2015年1月第4弾としてブロッサム・ディアリーへのトリビュート・アルバム「Flowers for Blossom」をHQCD高音質盤とハイレゾ配信(ステレオ・サラウンド)でリリース。 2016年11月メジャー第5弾として全編日本語のJ-Popのジャズカバーアルバムの続編「Japanese Songbook 2」をリリース。 また2011年4月より積和不動産中部のCM音楽に起用される。 2015年10月よりラジオ関西『KOBE JAZZ-PHONIC RADIO』のDJを担当している。 ※2022年10月現在、ラジオ日本、ぎふチャンをネット

ライブパフォーマンスにも定評があり、若い女性から中高年の男性まで幅広い層に支持されている。

 

鈴木正人/ bass http://tone.jp/musicians/masato-suzuki


1971年6月ベルリン生まれ。ベーシスト

/アレンジャー/プロデューサー。1987年、高校在学中に青柳拓次(Vo/G)、栗原務(Dr)とLITTLE CREATURESを結成し、90年にシングル「THINGS TO HIDE」でメジャーデビュー。その後、渡米しバークリー音楽院に入学。帰国後はバンド活動と平行して、ベーシスト、プロデューサーとしても活動。 2005年3月、文筆家の内田也哉子(vo)とCOMBO PIANOの渡邊琢磨(pf)と「sighboat」を結成。2006年、自身初となるソロアルバム「UNFIXED MUSIC」をリリース。2007年、菊地成孔ダブ・セクステットに参加。 近年では映画「坂道のアポロン」や「おらおらでひとりいぐも」、「あちらにいる鬼」の映画音楽を担当するなど作家としても活動の幅を広げている。

2020年、デビュー30周年を迎える。

人と人、音と音を繋ぎながら、シーンにおけるキーパーソンとして、その存在感を高めている。

 

小沼ようすけ/ guitar http://www.yosukeonuma.com/


秋田県出身 14歳でギターを始める。 1999年ギブソンジャズギターコンペティション優勝。 2000年、オルガントリオAQUA PITのメンバーとして活動(2013年まで)。 2001年、 SONY MUSIC よりデビューアルバム 「nu jazz」をリリース。 以後10年間在籍、現在までに SONY 他から 10 枚のリーダー作品をリリース。 2002年、「Summer Madness」 リリース。 2003年、プロデューサーに笹路正徳氏をむかえてJazz'n pop リリース。 斑尾ジャズフェスティ バル出演。 2004年、リチャード・ボナ(ba)、アリ・ホニッグ(dr)をフィーチャーしたトリオアルバム"Three Primary Colors"を Ny で録音。レコーディング途中に指弾きに転向。 2005年、1年限定ユニット T K Yのメンバーとして活動。Fuji Rock Festival、東京JAZZを筆頭 に全国20箇所以上のジャズ・ロックフェスティバルからのオファーにより出演。 2006年、アコースティックメインのアルバム"3,2,1"リリース。 拠点を東京から湘南エリアに移す。 2007年、海辺の1日を表現したコンセプトアルバム「Beautiful Day」 をLAで録音。 エンジニアにアル・シュミットをむかえ、リンカーン・ゴーインズ(ba)、スティーブ・フェローン (dr)をフィーチャー。リリース後はトリオで全国ツアーを開催。 アジア最大級のジャズフェス"Java Jazz Festival "にリーダーユニットで出演。 2008年 全国47都道府県ソロツアーを実現。 2009年 イタリアツアー、香港ジャズフェスティバル出演。 2010年、フレンチカリビアンのミュージシャン達とレコーディングした「Jam Ka」発売。 グアドループの民族音楽グオッカの太鼓(ka)がフィーチャーされたこの作品で独自の世界観を展開。Blue Note NY& Tokyo 、生まれ故郷秋田で発売記念ライブを行う。 「The Best」も同時発売。 2014年 、オーガニックジャズをコンセプトにアルバム"GNJ" を T5 JAZZよりリリース。 2016年、Flyway LABEL を設立。 第一弾作品としてパリで録音された「Jam Ka」の続編、「Jam Ka Deux」をリリース。 この作品をきっかけにParisやMunichのジャズクラブ、Martinique Jazz festivalに出演。 2019年 、Jam Ka Deux(17年)ツアー直後のスタジオセッションを収録したアルバム"Jam Ka 2.5"をリリース。 グォッカの本拠地Guadeloupeで行われた "Festival Eritaj"に出演。

あらゆるフィンガーピッキングのスタイルをミックスさせた独自の奏法、ジャズをベースに様々な 国を旅して得た影響や経験を音楽に採り入れながら、世界を音で繋ぐギタリスト。

現在はSoloや若手ミュージシャンとのトリオ『Landscapes』、3ギター2ヴォーカル編成のアコースティックトリオ『Allende』、 参加ユニットとして『Six Unlimited』 、『The Timeless Nation』、これらを軸に様々なアーティストとのコラボレーションも行う。